×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第 2 回 SEO コンテスト (新潟・スマトラ頑張れ!!)HOME

デースケドガー政府観光局

オフィシャルサイト
トップページ

旅の基本情報

アクセス

国の沿革

各島のみどころ

グルメ情報

宿泊施設

よくある質問

お問い合わせ

リンク

旅の基本情報

ご出発の前に、必ずご確認ください。

出入国
言語
気候と服装
時差
通過と両替
治安
飲み水
チップ
祝祭日・イベントカレンダーnew

出入国

デースケドガー入国日から入国時滞在日数+3ヵ月以上有効なパスポートが必要です。 観光目的の1ヵ月以内の滞在であれば査証(ビザ)は不要です。
留学ビザや商用ビザについては、デースケドガー大使館のホームページをご覧ください。

言語

公用語は英語です。
ただし、デースケドガー語が一般的に使われています。

気候と服装

デースケドガー諸島は年間を通して気候に恵まれており、各月の平均気温は20度から25度。 春から秋にかけての長い期間、海水浴を楽しめます。
12月から4月は雨期となりますが、極端に雨が多くなることはありません。
服装は、春から秋にかけては、日本の夏服で大丈夫です。 冬はやや涼しくなりますので、上着を1枚ご用意ください。

時差

日本より4時間進んでいます。
日本が正午の時、デースケドガーは午後4時です。

通過と両替

通過単位はデースケドガードル(D$)、
補助単位はデースケドガーセント(Dc)です。
1D$=100Dc、
1D$=約105円(2005年1月現在)です。
日本国内でのD$入手は一般的ではなく、通常デースケドガー到着後の両替となります。
ただし、東京のデースケドガー銀行では両替可能です。
デースケドガー国内では、デースケドガー国際空港、銀行、主要なホテルで両替できます。

治安

主要リゾート地域の治安に問題はありません。
ただし、ゴッゴル島の一部地域には、好戦的な部族が暮らしています。 カメラを向けるなどして刺激すると捕らえられることがありますので注意が必要です。 自分のことは自分で守り、自分の行動に責任を持つことはデースケドガーに限らず、どの国を旅するにも大切なことです。 現地で不安なことがあれば、ホテルのフロント、島内のデースケドガー政府観光局にお気軽にお問い合わせください。

飲み水

飲料水はすべてミネラルを豊富に含んだわき水です。
水に敏感な方でない限り、安心してお飲みいただけます。

チップ

デースケドガーでは、チップを渡す習慣がありません。
伝統的にギブ&テイクをモットーとしているので、 料金以上のチップを渡すことは、通常のサービス以上の仕事を強要することになります。 無理に渡すと嫌がられることもありますので控えましょう。

デースケドガー
政府観光局
日本事務所
〒160-0000
東京都渋谷区恋文横町
3丁目2番地

営業時間:月曜〜金曜
午前9時30分〜午後5時
(祝祭日を除く)

資料展示スペースを設け、
資料を提供しています。

Produced by hayashiwebsite / Photo by (c)Tomo.Yun
Copyright(C)2005 DaceKedgar Tourist Board, All rights reserved
※このサイトはすべてフィクションです。
※オンラインショップSEOコンテストにこっそり参加中です。→「エイヤァトー