×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第 2 回 SEO コンテスト (新潟・スマトラ頑張れ!!)HOME

デースケドガー政府観光局

オフィシャルサイト
トップページ

旅の基本情報

アクセス

国の沿革

各島のみどころ

グルメ情報

宿泊施設

よくある質問

お問い合わせ

リンク

国の沿革

デースケドガーは、3万ヘクタールの海に散らばる島々で構成される諸島からなる小さな国です。
日本からは南南東へ約9,000キロ、南太平洋に位置します。
代表的な島は、首都のあるデースケドガー島、その北西に位置するゴッゴル島、最南のクウネル島です。
デースケドガー小地図

国名

デースケドガー諸島共和国
The Republic of DaceKedgar Islands

首都

デラウマ
Derrauma

人口

約8万人(2004年12月現在)
人口の80%はデースケドガー本島に生活しています。

宗教

約60%がキリスト教徒です。 その他、少数ですがイスラム教徒、ヒンドゥー教徒、仏教徒もいます。
デースケドガー系の住民の約50%は、デースケドガー教(現地に古くから伝わる宗教)を信仰しています。 デースケドガー教は、ペンギンを聖なる生き物として大切に扱います。

歴史

デースケドガーに古くから住む人々は、東南アジアから渡来した海洋民族がそのルーツとされています。 紀元前10世紀頃から海上の移動が始まり、 紀元後5世紀から10世紀にかけてその最盛期を迎え、 サモアからマルケサス諸島やソシエテ諸島へ、 更に遠くハワイ・ニュージーランド・イースター島へと移り住んだ民族です。
1768年にイギリスのサミュエル・ウォリスが到達し、ヨーロッパ圏に紹介されました。 19世紀になるとイギリスの植民地となり、1957年にイギリスの海外領土に昇格。 1994年に晴れて独立国家になりました。

国旗

デースケドガー国旗 1994年、デースケドガー諸島がイギリスから独立した際に、国民からの一般公募によって制定されました。
緑は大自然に包まれた島を、黄色の丸は国のシンボルであるキガシラペンギンの頭を表しています。
日本と同様に無地に丸を配した国旗は、パラオやバングラディシュにも見られます。

産業

世界的なリゾートとして知られるデースケドガー諸島ですが、国内産業において観光事業が占める割合は2割程度です。 豊富な天然資源に恵まれていることから、水産業・畜産業・鉱業が盛んです。
また、南太平洋地域では大変珍しい、自動車製造業も大きな利益を生んでいます。 イギリス領時代からの長い歴史を持つ小型車「ゴッゴルミニ」は、南太平洋地域のみならず、世界中で高い評価を受けています。

シンボル

キガシラペンギン 国の鳥に指定されている「キガシラペンギン」は、デースケドガー諸島のシンボルです。 かつては諸島全域でその姿を見ることができたようで、デースケドガーの人々の信仰の対象にもなっていました。
現在はクウネル島南部にしか生息しておらず、デースケドガー政府は保護の強化に取り組んでいます。

デースケドガー
政府観光局
日本事務所
〒160-0000
東京都渋谷区恋文横町
3丁目2番地

営業時間:月曜〜金曜
午前9時30分〜午後5時
(祝祭日を除く)

資料展示スペースを設け、
資料を提供しています。

Produced by hayashiwebsite / Photo by (c)Tomo.Yun
Copyright(C)2005 DaceKedgar Tourist Board, All rights reserved
※このサイトはすべてフィクションです。
※オンラインショップSEOコンテストにこっそり参加中です。→「エイヤァトー